新潟でステンレス素材の溶接ならWing-Dへお問い合わせ下さい

一言に溶接といっても種類があります。なかでも溶接に多い火花をバチバチするものではないやり方を「TIG溶接」といいます。それでいて、ほとんどの金属の溶接ができるなど、万能性の高さでも知られているものです。TIG溶接とはどのようなものなのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

■TIG溶接とは
TIG溶接は“Tungsten Inert Gas”の略になり、不活性ガスを使って溶接するという意味を持っています。タングステンと呼ばれる棒に電流を流して、溶接する材料に高温のアークを発生させていきます。熱で材料同士を溶かして溶接する方法です。

TIG溶接に使う溶接機には大きく分けて2種類があります。
・直流溶接機
・交流溶接機
アークは不安定になりやすいので、交流溶接を行い、高周波電源を使うことで補佐する役割を持っています。また、溶接をしているときに素材に関わらず溶け込みの調整を容易にするためにも、溶接ビードを整えながら作業をしていきます。

TIG溶接のメリット・デメリット

メリット
火花が飛び散らない分、可燃物に引火する危険性は低くなります。そのため安全性が高く溶接できるのもTIG溶接ならではの特徴です。火花が出ない分、音も小さく煙も少な目です。
また、ステンレスやアルミ、鉄、チタンなど多くの金属の溶接ができるので汎用性が高い事でも知られています。アルミ溶接にしても、亀裂やピンホールができにくい溶接になります。溶接するときに、火花が出ない分、溶接後の仕上がりもきれいにできるのが特徴です。

デメリット
アルゴンガスを使って溶接を行うので、風が強い場所では使いにくく不向きだといわれています。風があたるとシールドの効果が薄れてしまい、溶接がうまくいきません。周囲にパーテーションを設置するなどの工夫が必要です。また、丁寧に作業を進めていく溶接方法になるので、進みが遅く時間がかかる部分もあります。

熱がかかりやすく、歪み、ねじれが生じやすいので拘束ジグの設置をするなどし
歪みを最小限に抑える工夫が必要です。また、歪みが発生してしまったら溶接後に歪みを取り除かなくてはなりません。

まとめ

TIG溶接は電気を使うアーク溶接の一種になります。溶接にも種類がありますが、tig溶接は使える幅が広いこともあり、比較的使いやすいのが特徴です。精密な作業を必要とする素材に対してtig溶接を用いることもあり、複雑な形状のものでもきれいに仕上がります。素材によっても溶接の難易度が変わり、ステンレスや鉄と比べたときにアルミ素材の溶接は一般的に難しいと考えられています。TIG溶接ならではの特徴も覚えておきましょう。

溶接・研磨のことで悩んだら、Wing-Dにお問い合わせ下さい。
お問い合わせはこちら